2大音声認識ソフトの比較サイト。

音声認識ソフトを使おう ~仕事で使いたくなる、あると便利な音声認識ソフトの活用方法~

音声認識ソフトの比較 Amivoice SP2 音声認識入力ソフトの特徴 ドラゴンスピーチ

付属ヘッドフォンで比較しました。amivoice SP2 と ドラゴンスピーチ 11 の違い

更新日:

hikaku01_head

AmiVoice SP2とドラゴンスピーチについて、セットでついているヘッドホンについて比較してみました。

まずドラゴンスピーチから。

dragon_headphone

写真の通り、片耳タイプのヘッドホンです。

マイクは180度回転しますので、耳当てについては、右耳左耳どちらにつけても大丈夫なようにできています。

また、この後紹介する AmiVoice のヘッドホンに比べてコンパクトにできています。

ちょっと頼りない気もしますが、さっとつけて作業するには非常に良いかなと思います。

 

続いて、 AmiVoice のヘッドホンです。

ami_headphone1

AmiVoice については、両耳タイプのヘッドフォンになります。ステレオで音声が聞けるようになっていますので、マイクの位置は固定になります。装着した場合は、自分の左側にマイクがつきます。

また、 AmiVoice のヘッドフォンについては、手元にリモコンスイッチがあります。

ami_headphone2

写真上から、マイクのオンオフ、音声のボリューム、スカイプのボタンになります。

個人的な着け心地から言うと、 AmiVoice の方がしっかりと耳にあたるのでいいなと思いますが、ドラゴンスピーチの方も軽くてつけている感じがあまりしないので、ヘッドフォンがわずらわしいことにはドラゴンスピーチをお薦めします。

ただし、今後取り上げていきたい録音した音声を文章化するという作業については、AmiVoice の方がおすすめかなと思います。

音声入力の時はそれほど違いが気にならないのですが、音声を聞きながら文章にする際、両耳がしっかりとついている方が、音の確認がしやすく作業が楽だなと感じています。

この点については、いずれまた取り上げたいと思います。

 

ヘッドホンだけで AmiVoice とドラゴンスピーチを比較してどちらにしようかと考えることはないと思いますが、一つの参考にしていただければと思います。

なお、この記事は、特殊な記号など一部の記述を除き、ほぼすべて音声認識ソフトを使って作成しました。
リンク先のページでは音声認識ソフトドラゴンスピーチとAmivoiceの比較とソフト選びのポイントを紹介しています。ぜひご覧ください。

-音声認識ソフトの比較, Amivoice SP2, 音声認識入力ソフトの特徴, ドラゴンスピーチ

Copyright© 音声認識ソフトを使おう ~仕事で使いたくなる、あると便利な音声認識ソフトの活用方法~ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.